• +81(0)50−3708−1414
  • contact@sucrecube.co.jp

Author Archive SUCRECUBE

アフリカビジネス協議会第一回本会議で登壇。

経団連会館にて、大臣ご出席の場で民間代表の一社として、登壇しました。

次期2022年のTICAD VIIIに向け、これまでのアフリカ進出の壁となっていた課題を克服し、官民(大企業とスタートアップ)連携にて、実とした成果をあげる目的ではじまった「アフリカビジネス協議会」の第一回本会議に出席しました。

本協議会は、世耕経産大臣、河野外務大臣、両大臣ご出席での本会議で、僕らは登壇者として民間代表の6社のうちの1社としてスピーチさせていただきました。

この協議会の出席自体も昨年のTICAD Business Dialogue に登壇してからお世話になっている経産省さんからのお声がけで叶った事で、パリとは違い、ギッシリ詰まったお忙しい両大臣とは直接お話しできなかったものの、最後までいらした世耕大臣には聞いてもらえ、帰られる際に「民間の方々のスピーチは良かった」と仰って頂いたとお知らせ頂いた。

前半の時間が押し、スピーチの時間が大幅に時短になり全ては話せなかったと落ち込むところには、そういうメッセージには救われる。

*登壇資料はこちらからダウンロードできます。

 

6社のもう1社は日本植物燃料の合田さん。
彼の著作を読んでいるが、本人のプレゼンを聴くと、時短の中でも説明リズムに余裕があり、皆さんご存知の通りこれまでの実績と仕組みと未来と、眩しいくらいの事業だが、6社の中のスタートアップは我々だけなので、この場でスピーチの機会を与えられたのは光栄と言うしかない。

MOU効果か分からないが、我々も早く実績を積まないとならない。

いつも応援くださってるHさん、こんな機会を頂き本当にありがとうございました。できればWGに参加して貢献したいと考えています。

そして本日新たに出会えた方々、再会された皆様も、どうぞ引き続きよろしくお願いします。

 

最新とは何か?日本より便利だぞアフリカ?!

最新とは何か。日本より便利だぞアフリカ?!

インターネットの普及が遅れているアフリカだが、スマホアプリでも銀行送金でも無く、SMS(ショートメッセージ)で支払いや送金がごく簡単に出来ている。

東アフリカではM-PESAというケニア発祥のサービスが展開されされている様だが、セネガルやコートジボワールなどなど8カ国が所属するUEMOA共通通貨地域西アフリカ圏ではOrange Moneyがめっぽう強い。

Orangeって?

フランスのNTTと言えばFrance Telecomだが、本体もそのグループも共通ブランド名をOrange(オランジュ)として世界展開していて、そのブランド名で世界的なグローバル通信事業および、その周辺のビジネスを展開している。

アフリカにおいて、一つのサービスとしてこのOrange Moneyがあるのだ。

今後進めるアフリカ開発で、ユーザーから少額の回収をどの様にするのか質問を受け、いくつかビジネス的な要素の資料もあるが、西アフリカのリズムに合わせたCMが有ったのでここで紹介する。

セネガルでのCMだが、フランス語でなく現地語での制作となっている。西アフリカでのビジネス展開にはフランス語に加え、数多くの現地語の意識をしないとならない。この辺は欧州大陸出身の我々に慣れっこなのだが。

アフリカらしいのんびりさと騒がしい会話の両面話見てやってください。笑

Youtube) Orange Money may sun Kalpe

アフリカビジネスにおける日本のプレゼンス

昨日はJICAから招待された今回のビジネスセミナーは、仏語圏のアフリカの皆様、西アフリカ5カ国プラスコンゴ民とカメルーン、国や民族ごとの文化や宗教、生活習慣などモザイクのように違いがあり、今回は7カ国からの参加者の国で女性の起業が認められるかなどしたかった質問はあったが、土地か持てないなど日本やフランスでは知らない情報や意見も新鮮だった。

彼らに今回のイベントの参加を通じてどうだったか聞いたところ、言語面の問題からきっちり意見交換まで話せた日本人か少なかったことをやはり残念に思っている一方、なかなか来られない日本の風景を見られて良かったと言っていた。

また、我々の進めているアフリカ再エネICT事業に関心強く、女性起業家のYさんは、一般家庭もいいが、学校の電化は数多くの恩恵を生み出すとアドバイスも貰った。
僕は未だフランス語がネイティブには程遠いものの、フランス語圏の文化を知りフランス語で話せるからこそ、高官のM氏も気さくにはなしてくれ、大使にも名刺を渡しておいたのだから急いで質問状を早く送ってくれと熱い応援が。

日本に対してJICAイベントでも彼らも言っていたが、アフリカへ「支援」の時代は終わり「ビジネス」の時代にとっくに入っているし、もはやうかうかしていると日本は完全に出遅れると声を揃えて言っていた。

本当にそうで、アフリカでのビジネス界の日本のプレゼンスはもはや風前の灯に近く、できるだけ多くの日の丸ビジネスを上陸させたい。

1